US Stocks Analytics

米株スイングトレードしてます。備忘録と勉強のためのブログです。投資は自己責任で。

NFLX 18Q1 カンファレンスコール抜粋

現地時間の16日にNFLXのQ2決算があるわけですが、EPS,レベニューはどうなるでしょうかね。レベニューの増加にコンテンツ投資が追い付けないと再三にわたってアナウンスしているわけで、投資家の期待は相当にあおられてますからね。ただ直近の株価はダウングレードを受けて下落してます。決算前にポジション調整したい人多そうですしね。

 

確認の意味でQ1決算のカンファレンスコールで、気になる点を抜き出してみました。中長期での成長は間違いないと思われるので、決算ミスった場合での対応が悩ましいですね。

 

 

Netflix, Inc. (NASDAQ:NFLX) Q1 2018 Earnings Conference Call

April 16, 2018 6:00 PM ET

Netflix (NASDAQ:NFLX): Q1 EPS of $0.64 beats by $0.01.

Revenue of $3.7B (+40.2% Y/Y) beats by $10M.

Shares +6%.

アメリカ以外の国に進出していっても、やることは変わってない。コンテンツの充実、マーケティングであり、いままでやってきたことだ。

・世界17か国で、ローカルのプロデューサーと、ローカル向けのオリジナルプログラムを制作している。

・ブラジルで制作した3%というドラマの新シーズンは現地でスーパーヒット

・通信事業者などとのバンドルで、サービスを提供する試みも、新たなマーケットの開拓に役立っている。

・インドでの価格戦略はうまくいっている

新興国でのモバイル対応にも力をいれています。

・オススメ機能の常なる改善にも力をいれています。

・売上は我々の想定以上に伸びている。

・コンテンツ投資が売上成長に追い付かず、オペレーティングマージンの上昇につながっている。

・Q3、Q4には大作コンテンツが投入される予定である(制作期間の関係でそうなる)。

・ドキュメンタリーを越えてライブ・ニュースに進出することは考えていない。

・年間の3~4ビリオンのキャッシュバーンの見通しは変えてない。

・中国のライセンスビジネスにも満足している。

・企業買収よりも、コンテンツ権利の獲得に常に力点を置いている。

・ローカルコンテンツのローカルらしさを失わずに、世界配信する方法にも多額の投資をしている。世界配信するための追加費用でマージンが大きく圧迫されることはない。

・コンテンツ投資もいろいろな方法があり、ライセンスを買うばかりではない。お金を払うのとは別の、より時間がかかる投資もある。結果的に売り上げにコンテンツ投資が追い付いてないことは認めるが、決してマーケティング偏重を意識して行っているわけではない。

新興市場だけではなく、既存のマーケットでも成長できると思っている。

ASP = average selling price これよりは、新規顧客獲得に力を入れている。

アメリカなどの既存の国でチャーンレートの劇的な低下は難しい。新興国ではより新規獲得のほうが重要であると考えている。

・アドベースではないのでFBで起こったような問題は我々には起こらないと考えている。