読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーチ (COH) 2017Q2 カンファレンスコール

                          f:id:stockbh:20170221123225p:plain

 Coach,Inc. (NYSE:COH)  Q2 2017 Earnings Conference Call

January 31, 2017 8:30 am ET

 

Executives

Christina Colone - Senior Director, Investor Relations

Victor Luis - CEO

 

Andre Cohen - President, North America and Global Marketing

Andrea Resnick - Interim CFO

 

Analysts

Robert Drbul - Guggenheim Securities

Ike Boruchow - Wells Fargo Securities

David Schick - Consumer Edge Research

Erinn Murphy - Piper Jaffray

Oliver Chen - Cowen & Co.

Anna Andreeva - Oppenheimer

Michael Binetti - UBS Securities

Mark Altschwager - Robert W. Baird

Brian Tunick - Royal Bank of Canada

 

 

〇 Victor Luis (CEO)

・ホリデーシーズンでは全てのセグメントで売上成長した

・とりわけ北米既存店売上の成長がポイント

・今後はヨーロッパや中国本土でも積極展開していく

・NYとロンドンで、コーチ・ハウスの旗艦店を出店

・モダンラグジュアリーとクラフツマンシップの融合を目指す

・Q2では2桁の利益成長

・スチュワート・ワイツマンも良かった(直営も卸しも良好、上半期も二桁売上成長、通期でも二桁売上成長を見込む)

・コーチブランドの改革も引き続き継続していく

・歌手のセレーナ・ゴメスと提携

・新CFOとして Kevin Wills

・新設した chief marketing officerとして Carlos Becil

・二年前からの改革の成果:モダンファッションデザインハウス、ヘリテージギフト、男女ともに向けたギフトストラテジー、伝統的レザーと新しいデザインとの融合

・新ライン Coach 1941

・アウトレットでの業績も良かった

・アウトレット限定のパックマンコラボ

・アウトレットの熊プリント商品

・男性向けは、アウトレットでの売り上げの20%を、男性向けが占めるように目標をたてる

・計46店舗の改装と新規出店

・年度末までに700店舗の改装、新規出店を目指す

・店内でのエクスペリエンスの革新

・ホリデーシーズンのmystery shopper scoresが、昨年度比で75%から85%に改善

・イニシャル刻印のモノグラミングサービス、レザーコンディショニングサービスも好評

・Kuala Lumpur Pavilion flagship in Malaysia、first flagship in Milan, Italyの出店

・北米で1941スタイルを新規出店する

・北米で旧スタイルの250店舗(販売区画)の削減(25%の削減)を計画し実行中で、すでに120店舗を閉鎖済み

・レザーを軸にしたモダンデザインとの融合

・セール(events)を減らしたことより、安売り(promotional)していると認知される率が低下

・レザーとアクセサリーのスペシャリティブランドから、真のファッションデザインハウスへの変革の途中

・今回のホリデーシーズンでの、全体での北米のプレミアムバッグ・アクセサリー売上は、フラットか数パーセントの上昇にとどまるであろう。デパートでの販売不振に影響されているからだ。

 

〇 Andre Cohen

・北米のコーチブランドの売上は 2% 上昇(店舗閉鎖分の影響も含めて)

・直営店は 5% の上昇

・これで北米では3Q連続で、前年度比を上回っている。

・北米で小売店での売り上げは4%アップした。

トラフィックはわずかにダウンしている。

・Eコマースで、ブランド価値回復のためセールを減らした影響で、全体では3%の売り上げ増となっている。

・外国人旅行者よりも、国内の顧客によるギフト需要が存在感を増している。

・1941ラインの売り上げが、主要店のハンドバッグ売り上げの3分の1を占めるようになってきたが、計画どおりだ

 ・ハンドバッグで$400以上の商品がの販売比率が 50% を越えてきた。去年は30%であった。これにより、売り上げと単価で前年比で好調を維持している。

・小売りでの各カテゴリーを通じた gifting assortment も好調(アイコンである Dinky bag at $295などなど)

・ブラック・フライデーでもセール(events marketing)を行ったが、1941ラインはほぼセール除外とした。

・次に winter sale.3月にはクローズドなイベントを開催予定

・通年でギフト需要を取り込めるように、ラインアップの見直し、ストア体験の改革を継続していく。

・ディズニーコラボ

 

〇 Victor Luis

・インターナショナル・コーチブランド全体の売り上げは3%増

・中国本土は米ドル換算で横ばい、既存店売上高は6%アップ

・香港、マカオでは大きく改善

・日本では米ドル換算で9%アップも、コンスタント通貨ベース(現地通貨ベース)では、2%の減少

・中国観光客の爆買いの反動によるもの

・ヨーロッパでは2ケタ成長している。新規開店と既存店の両方が好調

・とりわけ通貨安の恩恵をうけるイギリスでは好調

・パリでは旅行客の減少により苦戦している。

・日本と中国以外のアジア地域では、韓国で苦戦しているものの、その他の地域ではそれなりに良好

 

〇 Andrea Resnick(財務担当)

・セールスが好調にもかかわらず、グロスマージンが改善した。

・純利益でも二桁成長した。北米で卸を絞り込み、また強いドルによる逆風があったにもかかわらずだ。

・BSは強固だ。

・Coach, Inc.'s 全体のの売上はQ2では $1.32 billion( 4% 増)including a positive impact of 40 basis points related to currency translation

・セールの取りやめと不採算店の閉鎖で、今Qで100 basis points 売上マイナス要因となった。

・Coach ブランドでの売り上げは約 2%増だった。

・スチュアートワイツマンの売り上げは 26% 増であった。

・連結粗利益は $906 millionで、前年同Q比で 6% アップである。

・連結粗利率が 110 basis points 改善し、68.8%となった。

・Coachブランドの粗利は 4% 増加し、粗利率は 130 basis points 改善し 69% となった。その中の0.3%増の部分は通貨要因による

・北米での粗利も改善した、直営店では粗利と粗利率も改善した。

・インターナショナルでは、粗利がドルベースでも、現地通貨ベースでも前年比で改善した。

・Stuart Weitzmanブランドは、粗利が 26% アップした。粗利率は横ばい。

 

・全体のSG&A expenses は 7% 増えて、$612 million となった。

・それが売り上げの中に占める比率は、46.3% であり、前年の 45.1% から上昇してしまっている。為替の影響と、スチュワートワイツマンへの投資の影響によるものだ。前年度比でマーケティングにもコストをかけたことも影響している。

Coach brand SG&A expenses increased 4% and represented 46.5% of sales compared to 45.4% in the year ago period. Stuart Weitzman brand SG&A expenses were $53 million compared to $38 million a year ago due to an increase in store occupancy costs associated with new openings, the timing of marketing expenses as well as the company's strategic investments in team and infrastructure.

Coach, Inc. operating income rose 3% to $294 million while operating margin was 22.3% essentially even with prior year’s 22.4%. Coach brand operating income increased 3% while operating margin increased 20 basis points over prior year to 22.5%. Stuart Weitzman brand operating income was $23 million or 19.8% of sales versus $22 million or 23.6% of sales in the prior year, reflecting key investments to support long term multi category growth as discussed.

Net interest expense was $5 million in the quarter as compared to $6 million in the year ago period. Total net income for the quarter increased 12% to $211 million with earnings per diluted share of $0.75, up 11% versus prior year.

Now moving to global distribution. In total we opened a net of eight Coach brand locations globally in the second quarter to end the period with 960 directly operated locations worldwide. In addition we opened five net Stuart Weitzman directly operated stores to the end the quarter with 82 locations. In FY’17 we continue to expect our Coach brand directly operated square footage to grow low single digits globally. This guidance assumes that Coach brand directly operated square footage in North America will decline slightly with net store closures in both our retail and outlet channels. Internationally we expect a mid single digit increase in square footage led by significant growth in Europe and a mid single digit increase in mainland China, partially offset by a low double digit square footage decline in Japan, as well as a modest unit decrease in Hong Kong and Macau. In our other directly operated businesses in Asia, we expect a little change in both unit and square footage.

Finally, turning to Stuart Weitzman distribution. Year-to-date we've opened a total of seven net new locations and do not expect any additional openings for the balance of the fiscal year.

Moving on, net cash from operating activities in the second quarter was $366 million compared to $302 million the prior year. Our CapEx spending was $54 million in Q2 versus $106 million last year. Free cash flow in the quarter was an inflow of $312 million versus $196 million in the same period last year. As expected during the quarter we received approximately $125 million in net proceeds related to the sale of our previous headquarter buildings.

Inventory levels at quarter end were $465 million compared to an ending inventory of $438 million a year ago. At the end of the fiscal quarter, cash and short term investments stood at $1.8 billion as compared to $1.3 billion a year ago.

Our total borrowings outstanding were approximately $600 million at the end of the fiscal second quarter compared to approximately $900 million a year ago, reflecting the pay-down of our term loan in the first quarter as previously discussed.

Turning to our capital allocation policy, which has not changed. Our first priority is to continue to invest in our brands as we have a compelling opportunity to drive sustainable growth and value creation and we're putting our capital against this opportunity.

Our second priority, strategic acquisitions, is also about growth. While there is nothing imminent, we want to have the flexibility to act if and when it's in the best interest of Coach Inc. and our shareholders.

And, third, capital returns. We are committed to our dividend, expect our dividend to grow at least in line with prior year’s operational net income growth as our transformation gains further momentum.

As always, underpinning all of these priorities are our guardrails for allocating capital effectively, maintaining strategic flexibility, strong liquidity and access to the capital markets.

Now turning to our outlook for fiscal 2017 on a non-GAAP 52-week versus 52-week basis. We are maintaining our operational outlook for FY’17 while adjusting our revenue guidance based solely on current exchange rates. As you know our previous fiscal 2017 revenue guidance was for an increase of low to mid single digits, including an expected benefit from foreign currency of approximately 100 to 150 basis points. Given the significant strengthening of the U.S. dollar we are now projecting revenue to increase at a low single digit rate including an expected negative impact from foreign currency of 50 basis points for the full year, therefore representing a 150 to 200 basis point swing from previous guidance. This implies that currency will pressure top line results by over 100 basis points in the second half of the fiscal year based on current exchange rates.

This guidance continues to assume a positive low single digit comp for the Coach brand in North America for the year and in each quarter. We also continue to project double digit revenue growth for Stuart Weitzman for the year.

As an aside for you modelers out there, while we're projecting overall low single digit revenue growth in the second half of the year, we're forecasting topline variability by quarter. Specifically our nominal revenue is expected to decline in the third quarter based on: first, the negative currency impact of about 100 basis points; second, calendar shift in North America, including the later timing of Easter which falls into the fourth quarter this year versus the third quarter last year; third, our strategic North America wholesale initiatives with a continued reduction in promotions and the next tranche of door closures planned for 3Q; and finally, an expected shift in Coach international wholesale shipment timing from the third quarter into the fourth quarter based on our visibility into second half orders. Offsetting this, we're projecting strong topline growth in Q4 benefiting in part from those identified calendar and shipment timing shifts and despite an expected negative impact from currency of over 200 basis points.

Most importantly we are maintaining our operating margin forecast for Coach Inc., of between 18.5% and 19% for fiscal 2017. This guidance incorporates the negative impact of both Stuart Weitzman and the strategic decision to elevate the Coach brand’s positioning in the North American wholesale channel.

We continue to expect interest expense to be in the area of $25 million for the year. The full year of fiscal 2017 tax rate is now projected at about 26% with a significantly lower tax rate forecasted in 3Q versus 4Q consistent with our typical cadence based on the anticipated of expiration of statutes in the third quarter. And we expect our average weighted diluted shares outstanding for the year to be in the area of 283 million.

So taken together we're still projecting double digit growth in both net income and earnings per share for the fiscal year and we continue to expect CapEx for Coach Inc. to be in the area of $325 million.

 

 

Q&Aセッション

Q① Robert Drbul(Guggenheim Securities.)

北米での今Qのチャンネル毎の比較と、Q3Q4のガイダンスについて

 

Victor Luis

北米では直販チャンネルは好調だ。マージンも増えている。Q1では売上2%増だったが、Q2では売上4%増に増えている。Coach 1941 のモダンラグジュアリーというコンセプトも好評だ。アウトレットでも、デザインチームがいい仕事をしている。

 

Andrea Resnick

In terms of our third versus fourth quarter guidance, I think the first thing I'd point out is we maintained our operational outlook for the year, including the expectation of a low single digit North America comps in both 3Q and 4Q. Obviously as we discussed we expect some variability between the quarters along with pressure from FX in the second half.

In the third quarter, as I enumerated our top line is being negatively affected by a number of timing items, including the shift of Easter into the fourth quarter as well as our international wholesale shipments which in turn are being driven by the change in our delivery to better match the fashion calendar. In addition, while not a comp impact our third quarter of last year ‘16 included the post-Christmas week. This year, due to the calendar shift that fell into 2Q and will not be included in 3Q. Of course in North America wholesale we're closing that next tranche of doors to get us over to 250 this quarter and in the fourth quarter where we started to pull back last year will begin to anniversary that impact of those strategic actions, so less of an impact on the year over year basis. Therefore projecting very strong topline growth in Q4 benefiting in part from these calendar and shipment timing shifts and despite a negative impact from currency which will -- if current rates hold, impact us by about 200 basis points, so a very strong fourth quarter.

 

Q②  Ike Boruchow(Wells Fargo)

Good morning everyone. Congrats on a nice quarter. So just taking a step back focusing on the Coach brand’s profitability. So I imagine high 60s gross margins are probably not planned to move much higher from here over time. So I just kind of wanted to ask a big picture, where you see the Coach brand margin longer term and kind of how do we get there -- I don't think anyone expects 30% margins again. But how high is high today and I'm just asking because you deleveraged SG&A this quarter and I think you did in Q1 as well within the Coach segment. And I'm just wondering how you're planning out the investments needed to drive the top line of the Coach brand versus your goal of taking the operating margins higher over time?

 

Andrea Resnick

Sure, sure. I think you're absolutely right there. In terms of gross margin, when you look back to 2014 when we originally gave our guidance we absolutely assumed that our gross margin would stay in 69% 70% ex-currency impact. And the real question is, at the time was the SG&A leverage and as we said as we try to positive comps, we’ll will begin to overall leverage that SG&A spend which we absolutely accept that. I think since 2014, the necessity to invest in our brand, higher overall occupancy costs etc for all brands, has probably brought down the upper end of that best in class profitability. But we're still focused on driving our profitability from these levels. We're very comfortable with it. We've shown the ability to lever as we would see the top line growth. So we do expect our operating margin to continue to move higher from here and we're very comfortable with that guidance.

 

Q③

〇   David Schick(Consumer Edge Research)

house of fashion design, you’ve done less distribution, you’re having great success at the higher price points. I guess what I am trying to say is your vision for Coach in 2020 and beyond, there is a lot of street focus constantly on the category, should we think less about the category and more about your core competencies of what you are doing across categories? How should we think about that, not margin but what Coach is now really great at and how that drives the long term future?

 

〇 Victor Luis

Yeah, well, obviously we're really great in our core category and that will remain a core competency going forward, David. We don't see ourselves becoming an apparel play, if you will. Obviously we've also talked about layering on other categories and we've made a very important acquisition in Stuart Weitzman, that has made us a very significant player both here in the U.S. and increasingly internationally in footwear. We're going to be leveraging that know-how of course for the Coach brand as well, especially as we take back our license later this calendar year and begin both the development design and production of shoes in house to have footwear become an increasingly important part of the Coach brand go forward.

As well, we do see outerwear as an area of growth for us. If you look at what we're doing with all of our runway shows and anything that you see within our stores you will see that outerwear plays a very important part of our apparel play, if you will, of what we're doing in terms of giving context to the Coach woman and the Coach man much more so than I would say a standard tops and bottoms T shirt and jeans type of business. We're not interested in getting into a basics business. So those three categories combined represent an $80 billion global opportunity and today at $4.5 billion, we obviously have a very small stake in that and so within both the Stuart Weitzman brand where you will see us add with our new creative director, handbag business and then within the Coach brand as we add footwear and outerwear you will see us take an increasingly large share of those three pieces of the pie.

 

Q④ Erinn Murphy(Piper Jaffray)

Good morning. You guys as you’ve elevated the brand, can you talk a little bit more about what you're finding about the consumer who have been purchasing that 1941 collection? And then I think you said that you'd be introducing this spring a Rogue at $695, I think it's a little bit of a sharper price point than you've seen in the balance about Rogue collection, but who do you view as the incremental consumer there? Thanks.

 

〇 Andre Cohen

Sure. So we’re really seeing two groups of consumers responding to 1941. The first one, as we expected, is new consumers who hadn't really connected with the brand in the past and who find that they’re sort of more fashion forward, a bit understated aesthetic 1941 really works for them. But what was more surprising for is is that we’re finding a lot of lapse consumers returning to the brand because -- consumers who lapsed in our sort of logo heyday who were coming back because of the leather -- on the leather static of 1941. So that was, I’d say, a positive surprise for us.

In terms of price points, really 1941 stretches from $295 for a Dinky back which has been one of our top sellers especially across the holidays all the way up to $1500 for a Rogue bag in exotics. So we don't see it as being purely a high high price point collection, it doesn't drive the above $400 comp clearly but it's not just that, it spreads across a wide range.

 

 

Q⑤ Oliver Chen(Cowen & Co)

Hi congratulates on really solid results. Victor, we had a question regarding the long term path and strategic acquisitions. What are your thoughts about Coach in the future in terms of being a multi brand modern luxury house? You've done a great job but sort of I am just curious about your general thoughts around that framework, and on the gross margin line which is very impressive, what should we model or think about going forward in terms of the Coach brand gross margin it was really impressive this quarter? Just curious about some more details of the drivers. Thank you.

 

〇 Victor Luis

Sure. Andrea will answer the gross margin question in a minute. In terms of how we think of Coach and go forward, I believe that before the Stuart Weitzman acquisition we've been clear that we see Coach Inc. being larger than just the Coach brand. Obviously we've made our very first and significant acquisition with Stuart Weitzman, we're really pleased with the results there. The team has done an amazing job, we’re continuing to drive that business and obviously we have continued to invest both in managements and into design talents and I'm very excited about the opportunity for Stuart Weitzman and I would say before thinking about the larger vision beyond those two brands that our team is very focused on executing in our core business and organic business and doing a terrific job and driving both the transformation of the Coach brand as well as in driving the Stuart Weitzman brand which we see moving beyond footwear into handbags and accessories player as well in the years ahead.

So as we think about acquisitions beyond Stuart Weitzman, Oliver, we've been very very consistent for years now in terms of our capital allocation strategy. Obviously we've been very excited about thinking of the three categories as I touched upon earlier that we believe are the closest to us and the most branded in the fashion space, handbags and accessories, footwear and outerwear especially and that would be obviously part of our consideration set, we're not interested in turnaround plays, we're very interested in brands that are great brands and that growth potential where we can leverage both our skill set, our structure, our systems, our infrastructure, supply chain and know how that we have in helping great brands develop global.

 

〇 Andrea Resnick

In terms the Coach brand gross margin in the second quarter which was up 130 basis points including about 30 basis points from currency. We once again had a benefit from channel mix in there. Probably the most significant was the ongoing lower product costs which were somewhat offset but not completely offset by our ability to pass that along to lower prices to our customers, the product cost a big positive impact forward. As we move forward through the balance of the year we would expect in the second half for our gross margin for the Coach brand continue to be expanding on a year over year basis most notably in the third quarter. Again we would expect channel mix to actually be in a slightly really bigger benefit in the third quarter, ongoing benefit from product costs as well as the end of the day continued source margin expansion for the close poach brands in the second have notably in third quarter.

 

Q⑥ Anna Andreeva(Oppenheimer)

Great thanks so much. And congrats guys on that navigating the environment really well. A question was on remodels and the outlet channel, specifically I think you had mentioned that the recent ROI was better than when they initially. Can you maybe provide some color on that? How many stores have been remodeled currently and how should we think about the opportunity down the road and then secondly just quickly the flash sale impact moderated this past quarter. How do we think about that headwind going forward?

 

〇Andre Cohen

Sure. Good morning. So we mentioned I think last call we've been doing research both through our consumer insights group and field teams to try and understand how consumers react to this new remodel. There are few actions we took based on those findings, a few months ago that is starting to pay off where we are seeing improved results, so larger rooms, not so much segmentation within the stores, more tables to make the products more accessible. We've got a new findings we are now acting on, particularly that’s a signage in the stores, more visible Windows that are being implemented as we speak. And we've seen strong performance actually, these outlets are more luxury remodels. Overall we’ve remodeled so far 69.

 

〇Victor Luis

In terms of the flash sales -- our EOS impact as we call it internally are e-outlet store which is as you call the flash sales model, the impact in the second quarter was really a slight bump versus previous performance of around Black Friday, gifting in general. Overall as we have stated in the past we are not actively recruiting new consumers into the database, we’re only mailing those who shop within our outlet channel. And so I would again expect the database to continue to shrink and its performance to consume shrink as well.

 

 

Q⑦ Michael Binetti(UBS Securities)

Hey guys, good morning, great quarter. I think your answer is, I was hoping over from another call. But I just want to get a little bit more -- a little more detail on the margin outlook. I mean I think you guys have done a really nice job of helping us think about the longer term outlook as I look through your Power Point from 2014 here. So a lot of that thinking was obviously at a time when the category is growing a lot faster. So I guess we know that prior peaks for your business aren't the best North star for models on the operating margin opportunity but we've talked about the opportunity for the brand to return to mid twenty's over time. And Andrea, I think you just said it was chime in that, the best in class number that you gave at the Analyst Day changed a little bit. Given what you know about the category and your growth rates today, is mid-20s still an appropriate rate to think about over the next few years? And if so, what do you think are the biggest sources of leverage is at the top line trajectory we see today?

 

〇Andrea Resnick

Michael, I think I gave that answer to Ike I but I don't mind this is happening later year. I think the biggest point of leverage is obviously the returns to positive growth and positive comp. And so you've already seen that come through in our results, we backed to continue to come through in our results. Our target has always assumed continued sales growth for Coach, stable gross margins and leverage in expenses. While we're going to continue to invest in our business and those items really haven't changed. And that's what we're going to maintain going forward and you've seen that leverages come through already. So I think the path -- the trajectory remains positive and as I already mentioned to Ike.

 

Q⑧ Mark Altschwager(Robert W. Baird)

Good morning and thanks for taking the question. I was hoping you could provide a bit more detail on your current growth outlook for China. It's encouraging to hear the pressure has eased in Hong Kong, Macau. So I guess what inning are you in with right sizing your footprint in that region and do you have a view on when it can return to growth? And then looking at the mainland just any current thoughts on where the store fleet stands today and how you're thinking about balancing brick and mortar versus digital growth longer term, just, what is the growth algorithm we should think about for mainland China medium to longer term? Thank you.

 

〇 Victor Luis

Yes, there may be some confusion because you mentioned return to growth, we've been growing very strongly in China since we took that business back in 2008, I believe it was, and have grown it from what was approximately a $30 million business to over $600 million today. Team has done an amazing job in driving our distribution there. Today we're at approximately across Greater China which would include Hong Kong, Macau and mainland China, 191 doors, we have 172 doors in China, still very much opportunity for growth in second and third tier cities. As you may know, China has approximately 200 or more cities with a population of a million or more and given more accessible price points we believe we're going to be seeing continued opportunity for us to develop distribution beyond what the traditional luxury brands have and have tremendous opportunity of course to continue to grow within same stores there as the middle class continues to evolve in that markets and as we continue to see of course the population urbanizing. So the long term story within mainland China is very very exciting indeed.

In terms of Hong Kong and Macau we've seen a much better performance over the last quarter. And that is very a significant for us, it's a very important market of course especially for PRC tourists and it's been 18 to 24 months since we saw the first protests from Occupy Central and I think all of us in retail and luxury retail especially are very happy to see that market’s stabilized and hopefully in the future become a source of growth.

 

 

Q⑨ Brian Tunick(Royal Bank of Canada)

Pretty tough environment. I guess wanted to hear more about the factory channel perspective, did you guys feel like the holiday overall was more promotional in the factory channel when you looked at your competition? Can you maybe talk about from a product perspective what percentage today is Stuart design and the halo, you've talked about in the full priced stores? And as we think about the comp improvement at the factory channel, how much it come from AUR versus conversion over the next couple of quarters? Thanks very much.

 

〇 Andre Cohen

Good morning. The factory channel was very promotional this Q2, we saw our competition go deeper than they've ever gone. So the environment itself was deeply promotional. We were driven really by innovation as Victor mentioned earlier, a couple of really impactful new launches. The PacMan was one of them and then we had our Bears collection around Christmas that were highly highly successful. So I think we navigated the promotional environment, focusing more on innovation really than just deep discounting. Most of the product today in factories is designed by Stuart. We have a small share of retail leads that end up in factory but it's primarily new designs and I think we talked about a year ago about the factory outlet. There was -- aimed to a fast tracking innovation, we're seeing the results of that over the last few months and very pleased with this. Traffic continues to be challenging in general in the channel. So we are counting on both conversion and higher ADTs, average tickets to drive growth and productivity.

 

以上

JIM CRAMER's REAL MONEY メモ

プロローグ

19P

人間誰しも一攫千金を狙って一発賭けてみたくなる時がある。しかし十分注意しないと、売るタイミングを逃して大損を抱え込むことになってしまう。

 

24P

個々の投資対象に関する退屈だが基本的な勉強を通じてはじめて、上昇を続ける銘柄を買い増したり、値下がりしたところで手を引かずに押し目買いして保有株を二倍に増やす、といった決断をする時に必要な自身が生まれてくるのだ。

 

24P

どんな銘柄に投資する場合も、まず事前にホームワークをやり終えなければならない。

 

        第一章 ともかくゲームに参加し続けることだ

 

36P

なぜほとんどの人が株式投資で金持ちになれないのか。それは成功するのに必要な期間、じっと我慢してゲームに参加し続けられないからだ。途中で飽きてしまったり、いらいらして音を上げたり、向こう見ずな投資に走ってうまくいかず、落胆して弱気になってしまう。ただ投資すればいいのではなく、賢く投資しなければならないのだ。しかし、そのためには気の滅入るような、つらくてプライドを傷つけられるようなプロセスに打ち勝たなければならない。

 

38P

株式とういのは会社の持ち分を示す紙切れにすぎず、それ以上の何物でもない

 

38P

株価が上がるか下がるかとか、どのくらい上がるかについて仮に確信を持っていたとしても、それが思った通りに実現しない時に救ってくれるのは、自己規律だけなのだ

 

40P

柔軟性を欠くという弱みが、変動の激しい様々な相場の局面で致命的損失をもたらすことになるだろう

 

41P

「長期間ずっと持ち続ける」とか、「その会社の成長率や純資産価値を下回る株価で売買されている銘柄にしか興味がない」とかいう根拠のない教義は、全くもって無謀だ。自分の考えを変更し、方向性を変えることに、常に柔軟でなければいけない。

 

42P

誰もが自分を保守的な投資家だと思いたがる。しかしどの局面では株式を保有することが最も保守的な戦略であり、どの局面ではそれが最もリスキーなのかを、的確に認識する必要がある。柔軟性こそが一番保守的な投資手法である。

 

42P

どんな局面でも相場の方向について感情的にならず、常識で判断すべきだ。

 

44P

株式はただの紙切れだ。しかし、それは感情とは無縁の緻密な法則に基づいて売買すべきものだ

 

48P

私がかつて愚かにも信じていた金科玉条

① 株式は買持(バイアンドホールド)すべし。

② トレーディング(短期売買)は間違い。長期保有が正解。

③ 投機は悪の極み。

 

51P

買ってそのままホールドではない。買ってホームワークをこなすのだ。

 

53P

投機は真の分散投資には欠かせない。投機目的の銘柄を組み入れない分散投資は無意味で、投機を行うかどうか自体が、あなたの投資家としてのレベルを決めることになる。

 

60P

長期であれ、短期であれ、素晴らしい投資チャンスの見極めは科学や数学などではなく、ギャンブルのそれと共通点が多い

 

62P

① 初心者はホームワークをこなして、保有する銘柄についての勉強に、多くの時間を割く必要がある

② すべての専門家にはなれないが、少数の銘柄に絞り込んでじっくり研究すれば、十分儲けることができる

③ 何か他人にない強みを持たなければならない

 

      第3章 株式投資は売買するゲーム

 

 76P

 いくらで買ったかはどうでもいい。過去は関係ないんだ。唯一大事なことは、これから何が起こるかなのだ。

 

 79P

株式売買の教訓①

株式を売買する意思決定に際しては、いくらで買ったかではなく、これから先どうなるかだけを考えて決めること。

 

80P

株式売買の教訓②

どんな銘柄でも、売買する時は指値注文を使うこと

 

82P

今の株価は割高なのか、それとも割安なのかを判断してから、正しいと思う株価で発注するのだ(※それが判断できないうちはその株に投資してはいけないということか?)

 

86P

M(multiple) × E(earnings) = P(price)

※自分がマルチプルの議論をしているのか、EPSの議論をしているのか、常に注意を払うべし

 

88P

期待成長率こそが株式投資のポイントであり、最も大切な、究極の目的だ

 

89P

将来の成長性をグラフにするならば、まず利益、とくにEPSのパターンを見ることから始めるべきだ

 

89P

ウォール街は高い成長率にプレミアを支払い、低い成長率はディスカウントする。

 

91P

マルチプルが低いことは、ハンディキャップをもらっているようなものだ。つまり、成長性の劣った企業に賭ける魅力を持たせるために組み込まれた、ディスカウントなのだ。しかし、実際ダメ企業に投資してみようという気になるのは、強いチームに対してハンディが大きすぎると思われるくらいに株価が安くなりすぎた時だけだ。 

 

93P

ほとんどの投資家は、市場の値段づけが一番間違っている可能性の高い、新しくてアナリストがあまりフォローしていないような小さな会社については、この機会をあえて探そうとしない。

 

94P

多数の専門家がウォッチしている銘柄、こういうところでは市場の値付けはほとんどいつも完璧で、大きく稼ぐことはできないだろう。

 

94P

ホームワークの対象はあまりよく知られていない銘柄にするべき。規模が小さく、まだ新しい成長企業群からなる市場セグメントを狙う。もちろん、情報の少ない銘柄につきもののリスクを受け入れなければならないが、確立された銘柄の完璧な値付けからえられるものより、ずっと多くのリターンが期待できる。

 

 

第1章:何が株価を動かすのか

セクターETF
セクターの短期の株価変動は基本的にETFの動きによって決まる。しかしこの人工的な短期株価とファンダメンタルとの乖離が、セクター内の優良グループに長期投資する投資家に素晴らしいチャンスをもたらしてくれるのだ。
例えば銀行セクターでは、このセクター専用のETFであるXLFの存在によって、劣悪な銀行グループと比較すると信じられないような低PERで、選りすぐりの銀行グループが買えるのだ。

小売りやテクノロジーセクターも同じだ。例えば、次のクリスマスセールスで大きな伸びが予想される場合に、このETFがらみの馬鹿げた同一行動パターンが表面化して、優良なコストコやホーム・デポのPERが劣悪なコウルズやJCペニーに比べてかなり低PERにしか評価されない状態になる。それを待って投資すればいいのだ。
債券市場とFRBの金融政策
私の口癖は「決してFRBに立ち向かうな」というものだ。FRBが景気を刺激するために低金利政策を続けている間は、株式投資のチャンスだ。しかしFRBが第二の政策を発動して金利を引き上げ始めた時は、選択の余地は狭まる。
景気拡大による増益要因も一部にあるものの、全体としては金利上昇は株式市場にとってマイナス要因だ。

しかし賢明に立ち回れば、この金利上昇が株式市場にもたらすプレッシャーから儲けをあげることができるのだ。例えば金利上昇による減益懸念からインデックス・フューチャーが下落する局面は、業績があまり金利上昇に影響されない銘柄を安値で取得できる、またとない好機といえる。

また、FRBの引き締め政策がもたらす景気減速によっても、あまり業績悪化をきたさない銘柄もある。そういう時こそ、セルジーン、リジェネロン、アマゾン、ネットフリックスなど、景気循環とは無関係に利益成長が期待できるグロース株の買い時なのだ。

また、そういう時は、収益構造が景気循環金利上昇に敏感な銘柄群、例えばアルコアやフリーポート・マクモラン・コパーなどを、アナリスト達が利益見通しを引き下げる前に処分することを考えるべきだ。
ファンダメンタル要因
企業には循環銘柄と成長銘柄がある。
前者は、トレンドとして成長はするが、景気循環に業績が左右される銘柄群だ。
後者は、時代の大きなテーマに乗っていて、景気動向に左右されずに持続的に成長を続ける銘柄群だ。
私が探しているのは、経済全体と比べても、同一セクター内で比べても、持続的に平均以上の成長を遂げそうな銘柄群なのだ。
その他の株価に影響を与える要因
インデックス・フューチャーがもたらす市場の歪み
過大すぎるマクロの影響
第2章:「トップダウン」アプローチの手引き

自分なりのマクロ展望を持つ
私は投資する前に、世界経済が今どこに向かっているかについての、自分なりの見方を持つべきだという固い信念を持っている。この世界展望を得るために、私が最も信頼するのは企業自身が発表する業績開示時のリリースやコンファレンス・コールのテキストだ。その際、企業経営者が話す内外経済やセクター、そして自社の業績に関する展望や懸念を信用するのだ。私は経営の当事者が生の声で投資家に語る話のニュアンスをもっとも重要視するのだ。

もし世界中の経済活動のペースが分かれば、その時にどのタイプの企業に注目すべきかについて、専門的な判断が下せる。

我々は株式市場全体を、利益が経済成長に大きく依存するグループと、マクロ要因と関係なく増益トレンドが続くグループに二分して考える。業績を上げるために経済成長を必要とする銘柄群は「循環銘柄」と呼ばれる。製造業銘柄がそうだ。経済変動とかかわりなく利益を生み続ける銘柄群は「成長株」と呼ばれる。

慎重な銘柄選択は、2つのステップで行う。第1ステップは成長サイクルの見極め、第2ステップはそのサイクルに合った銘柄の選別だ。経済全体が力強く成長しているか、そこに向かって回復していると思われる局面では、循環株中心に選ぶ。循環株は景気に敏感に反応するため、上昇局面では高いリターンをもたらす。逆に景気が下降局面に入り、あるいは当面停滞が続くと判断するなら、成長株中心に選ぶ。成長株は経済成長がスローダウンする局面でも、コンセンサス予想並み、あるいはそれ以上のパフォーマンスをあげる傾向が強い。

こうしてまず世界経済見通し、その次にセクター成長率見通しをおさえて、それから個別企業の評価に着手するのだ。
聞くに値する唯一のコンファレンス・コール
私は内外経済見通しを立てる時に、政府の公式データに頼らず、企業がコンファレンス・コールの場で開示する情報を手掛かりに組み立てる。慎重な投資家を目指す人は、ホームワークをやる際に是非これを活用してほしい。
コンファレンス・コールを利用すれば、巧みなトレーディングと賢明な投資に役立つ世界経済と主要セクターの優れた見通しを立てることができる。これらのコンファレンス・コールを通して、経営の現場の第一人者であるトップ・ビジネスマン達の生の声にもとづいて見通しを立てるなら、それをしない投資家より圧倒的に有利な立場に立てる。値上がりする銘柄に絞り、値下がりする銘柄を避ける確率を、大きく高められるにちがいない。
※参考:『マクロ・業界見通しを判断するのに役立つ企業のコンファレンスコール一覧』

第3章:スーパー・グロース銘柄の評価

スーパー・グロース銘柄とは?
個別銘柄を選ぶ前に、まず、企業経営者の現場感覚にもとづく世界経済の展望を固め、次にそれにフィットするセクターを絞り込む。こうして初めて具体的な銘柄選びの準備が整うのだ。
スーパー・グロースは循環株、通常の成長株、ディフェンシブなどと比べると常にPERが非常に高いため、一見、すでに買われ過ぎているように思えるのだ。

スーパー・グロースは、これからの社会、経済を支配する7つのメガ・トレンドに乗った銘柄群だ。私がスーパー・グロースを選ぶ時に用いている、これらの銘柄の強みを弱みを見極めるテストがある。

以下に示す10項目のテストを用いて、あなたのスーパー・グロースに1から10の間で点数をつけ、合計点を比べるのだ。
スーパー・グロース銘柄の評価項目
何年にもわたって高成長を維持する潜在能力を持っているか
市場は長期間高成長を続けられるだけ大きいか
競争力を維持できるか
増配や自社株買戻しによって持続的な株主還元が期待できるか、あるいはしっかりした成長戦略を持っているか
国際的にも成長できるか
バランスシートは十分強力か
数年後の予想利益水準に照らして、今の株価は割高か
経営陣はどうか
成長目標達成にマクロ経済の成長は必要か
現在の売上マージンを維持し、あるいは一層高められるか
第4章:社会と経済の7つのメガ・トレンド

メガ・トレンドに乗った銘柄
最悪の相場環境や混乱した市場にも打ち勝って、長期的に株式投資で成功する鍵になるのは何か。それは、自分たちが生きていくこれからの世の中の基調になる「メガ・トレンド」を理解することだ。そして、そのトレンドに、もっともうまく乗っていると思われる銘柄を見つけるのだ。
メガ・トレンドに乗った企業は、ディフェンシブ銘柄ではない。かと言って驚異的なスーパー・グロース銘柄でもないが、気前よく配当してくれる。また、経済成長の後押しを必要とする、いわゆる循環銘柄でもない。政府による余計な介入や海外経済のスローダウンといった、株価の足を引っ張る問題にもあまり邪魔されない。そして、どんな相場環境下でも、株価が上昇を続ける条件を備えているのだ。

私は常に、投資にふさわしい大きなテーマを探している。それがあれば、相場が後退する局面では安全弁になり、ブームの時はそれにうまく乗れるからだ。

以上を踏まえて、永続性のあるメガ・トレンドを紹介しよう。
スマホソーシャル・ネットワーククラウド(新しい三種の神器
PCは今後は、長期的に衰退過程に入り、年々の売り上げは減少し、価格は下がり続けるだろう。いわゆるハイテク・セクターには、新しい環境に対応できないダイノサウルスみたいな企業がうろうろしている。
しかし、全てのハイテク企業が中生代の生き物ではない。実際、このセクターのひと握りの企業群は繁栄しており、まだその揺籃期にさしかかったばかりなのだ。それは、インターネットを取り込んで、スマホクラウドを活用して大容量のデータを自在に取り出せる、新しいハイテクを事業化した企業群だ。

新しい時代に栄えるためには、企業はスマホソーシャル・ネットワーククラウドという、新しい三種の神器の中、少なくとも2つにかかわっていなければならない。

推奨銘柄
検索→グーグル
ソーシャル・メディア→フェイスブック
顧客リレーション・ソフト→セールスフォース・ドットコム
プロフェッショナル・サービス→リンクトイン
全ての小売業→アマゾン
健康、長寿社会
高齢化するベビーブーマーからティーンエイジャーにいたるまで、多くの国民は健康で長生きしたいと願っている。そのために毎日、体重や血圧を測り、健康的な食生活に気を配り、とりわけ、健康を損なう食品を避けたいという強い欲求を持っている。こうした欲求に応えている銘柄の多くが、ここ数年株価パフォーマンス面でもトップ・グループに入っている。
健康と長寿を保つために、自然食品やオーガニック食品を選びたいというトレンドは、まだ始まったばかりだ。このトレンドに関しては、様々な投資対象があり得る。

推奨銘柄
ホールフーズは、自然・オーガニック食品の幅広い品揃えで、すでにアメリカのほとんどの家庭に受け入れられている。
へイン、ホワイト・ウェーブ、アニーズは、これからの投資対象としてベストだ。
チポトレとパネラは、代表的な自然食品・健康食品を売り物にする外食チェーンだ。
そしてGNCホールディングスは、ビタミンとサプリの分野で高成長している小売業者だ。
倹約志向の新しい価値観
リーマン・ショック後の不況は、過去のものになりつつあるが、質素、倹約を重視する新しい世代を生み出した。
今や、多くの市民は何かを買う時に、値段に見合う価値があるかどうかを、シビアに自問するようになった。物品やサービスの購入だけでなく、どの店で買物をし、どこへバケーションに行くのかにいたるまで、無駄遣いをしない、という価値観が全ての消費の基本になってきたのである。

推奨銘柄
その結果、買物はTJXのようなディスカウント・ショップや、会員制のコストコでするのが賢明だと思う人が増えた。また、一流ブランドに比べて、ほとんど遜色ない品質なのに、はるかに安く買えるというので、ペリゴの作るようなストア・ブランド品がはやりだした。アウトレットがはやっているのもその流れで、タンガー・ファクトリー・アウトレットがNo.1だ。

マイカーを修理したければ、オート・ゾーンに出かけるし、健康な食事を家で食べる人が増えて、マコーミックのスパイスが売れている。

バケーションは1ヶ所での長期滞在型が人気になり、テーマ・パークのシーダー・フェアやシックス・フラッグがはやっている。エアラインとホテルを選ぶ際には、まずプライス・ラインのサイトを見ることから始めるのが当たり前になっている。また、1ドル・ショップは大人気で、大手のディスカウント・ストアからどんどん客を奪っている。
M&Aによる市場支配力の確保
株主価値を生み出すM&Aには、2つのタイプがある。1つは、買収によって業界内で寡占的な地位を築くものだ。もう1つは、買収の結果、その業界で支配的な地位を確保するものだ。
推奨銘柄
企業の中には、業界の集約化に自ら乗り出すことによって、成長を勝ち取っているところがある。

エアラインとレンタカー業界は今や、事実上寡占体制が確立され、デルタ、ユナイテッド・コンチネンタル、ハーツがお奨めだ。

新聞・テレビ業界のガネット、ジェネリック医薬品のアクタビス、アパレルのPVHとVFコープ、消費者向けパッケージグッズのB&G、そして電気機器業界のイートンは、競争相手を買収して合理化し、業界内のほとんどの企業を上回る業績を上げている。
見えないハイテク
最近、ウォール街は、いわゆるハイテク銘柄に関して明るい展望を持っていない。過去何十年にわたって進行してきたコンピュータを中心としたハイテクの進化も、行き着くところまで来たという感が強い。パソコンがメインフレームに取って代わり、それがラップトップになり、さらにはタブレット端末、そしてスマートフォンへと、進化してきたのだ。
しかし私には、新しい時代のトレンドたり得るイノベーションの世界が見えている。それは、ソーシャルとモバイルとクラウドの融合だ。

実はイノベーションは、私が「見えないハイテク」と呼ぶ企業群によって引き起こされている。これらの企業は、伝統的なハイテク企業が満たすことのできない、様々な新しいニーズに応えるために、新しい商品を次々に生み出している。

なぜ、古いタイプのハイテクと、見えないハイテクを区別することが重要なのか。それは株式市場は、アパレルやレストラン・チェーン、パッケージ・グッズなどの「つまらない」業種の中から、イノベーションを見つける能力がないため、見えないハイテク企業が不当に低く評価されているからだ。

推奨銘柄
かつてみんながデルやヒューレット・パッカードに期待したのと全く同じことを、私は今、コルゲート、ユニリーバ、クロロックスなどの消費者向けパッケージ・グッズに見ている。これらの企業の大方の印象は、面白みがなく、物真似体質で、いつも「画期的な」新製品のコマーシャルを流しているが、まったく中身がない企業群、といったところだろう。しかしそうではないのだ。これらの企業は中身で他社と差別化をはかっており、その中心的な手段はまさに「イノベーション」なのだ。
新しい医薬品:4つのバイオテック企業
薬の特許期限が切れると売値は90%下落すると言われており、これらの老舗大企業の成長率は劇的に低下してきている。PERが低く、割安に見えるかもしれないが、もう画期的な新薬を生み出す力は持っていないのだから、PERは低くて当然なのだ。
それと入れ替わりに、全く新しいタイプの医薬品メーカー、すなわちバイオテック・カンパニーが抬頭してきた。今では、彼等が前期の老舗に代わって高成長を生み出しているのだ。

私は番組の中でなるべく多くのバイオテック企業を取り上げるようにしている。いつも大化けする可能性のある企業を探しているのだ。これらの無名のバイオ企業の時価総額は、いずれもきわめて小さく、もし画期的な新薬が生まれたら、その将来性に比べて大幅に割安なのだ。

推奨銘柄
セルジーン、ギリアド、バイオジェン・アイデック、リジェネロンの4社は、市場全体の中でみても、スーパー・グロース銘柄と言えるかもしれない。この4社は、どのファンド・マネジャーにも不可欠な、老舗の大手医薬に取って代わる銘柄になったのだ。
石油・ガス革命
シェール・オイル、シェール・ガスの採掘・生産で、どんな企業が最も潤うのだろうか。私は、パイプラインを所有する投資組合が好きだ。とりわけ、有料道路のようにパイプラインを通過する石油や天然ガスの値段と無関係に、流れたボリュームに比例して料金が入るタイプが良いと思う。パイプラインは、石油、天然ガス液化天然ガスのいずれにとっても、生産地から通常は遠く離れた消費地に輸送するための、もっとも効率的な手段だ。現時点では、国内で生産された石油と天然ガスを、消費地に届けるに足るパイプラインは整備されていない。したがって、当分の間、全国的にパイプラインに対する膨大な需要が存在する。
推奨銘柄
大手パイプライン会社の中では、国内最大のキンダー・モルガン・エナジー・パートナーズがベストだ。
第5章:会社分割による株主価値の創造

部分が全体を上回る
時として、部分の合計が全部よりも大きな価値を持つことがある。行き詰って分割を選択する企業を見つけられれば大儲けできるかもしれないのだ。
もし事前に、こうした分割候補企業を見つけて観察していたとすると、株価は4つの段階を経て上昇していくことがわかる。

第1幕は、分割の可能性が強いと市場が考え始めると、口伝に噂が広がり、株価が上昇し始める。

第2幕は、実際に分割される個々の事業の株価が、分割条件から割り出される理論株価に向けて上昇する。

そして分割されて生まれた新会社が、独立の公開会社として市場で取引され始める。

最後に新会社は常に新しい会社を探しているアナリストによって取り上げられ、これまで株価に不十分にしか反映されていなかった隠れた価値が、新会社の株価にフルに反映される。
株価上昇の4つのステップ
企業分割は、
(1)分割の思惑買いによる株価上昇、
(2)分割の正式発表、
(3)実際の分割時点にかけて株価が緩やかに上昇、
(4)各パーツの埋もれていた価値をフルに反映した株価の上昇、
という4つのステップを踏む。
10の分割候補企業
バクスター・インターナショナル
ジョンソン&ジョンソン
メルク
パーキン・エルマー
マニトウォック
DSTシステムズ
アプライド・マテリアスズ
ハリス・コーポレーション
オクシデンタル・ペトロリアム
ジョンソン・コントロール
第6章:株主価値を高める21人の名CEO

ウォール街のアナリスト達は、全く見当違いの誤りを犯すことがある。彼らはスプレッド・シートにもとづく利益予想モデルで、次の四半期のEPSを当てることにこだわる。そして長期的に何が、というより誰が株価を決めているかを全く理解しないのだ。そうしたアナリストの短期予想は、もしあなたがヘッジ・ファンド・マネジャーで、今期のコンセンサス予想を上回る利益成長を発表する企業を探しているのなら役に立つだろう。しかし株価の短期的な気まぐれなアップ・ダウンに痛めつけられ続けている個人投資家には、何の役にも立たない。
そこで私は本書を通じて、全く新しい有望銘柄の方法を示したい。

CEOの人格と実績を知ることは、投資で金持ちになれるかどうかを決める「最大の」要因だと断言してもいい。ところが現実は、多くの投資家はだれがその会社を統率しているかを二の次にして、今期のEPSがコンセンサス予想を上回るかどうかといった問題を最重要視するのだ。
株主価値を高める21人の名CEO
AIGのボブ・ベンモシュ
ディズニーのボブ・アイガー
デールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフ
ハネウェルのデイブ・コート
イートンのサンディ・カトラー
PPGのアラン・ムラリー
フォードのアラン・ムラリー
パネラ・ブレッドのロン・シャイチ
スターバックスハワード・シュルツ
ドミノのパトリック・ドイル
ベンタスのデブラ・カファロ
PVHコープのマニー・チリコ
VFコーポレーションのエリック・ワイズマン
バッファロー・ワイルド・ウィングスのサリー・スミス
キンダー・モルガンのリチャード・キンダー
ボーイングのジム・マクナニー
ペプシコのインドラ・ヌーイ
EOGのマーク・パパ
AFCエンタプライゼズのシェリル・バチェルダ
メイシーズのテリー・ランドグレン
ピア・ワン・インポーツのアレックス・スミス
第7章:いつ売ればいいのか

「売り」を示す10のシグナル
この章では、「売り」を示す10のシグナルをリスト・アップした。これらはいずれも、私自身が大損した反省を踏まえて、慎重な投資家になるべく実践してきたものだ。
私がこうした失敗を犯したのは、次のいずれのかのケースだ。

1つは、その銘柄を買う拠りどころだった基本条件が変わったにもかかわらず、行動を起こさなかった場合。

2つ目は、新しい不安材料が発生したのに、多分大丈夫だろうと決めつけた場合。

そして3番目は、その銘柄を買った時に立てたシナリオが崩れたにもかかわらず、新しい現実に目をつぶった場合だ。
見通しの前提が変わった時には、直ちに売却して損失を最小限に食い止めよ
ある銘柄にはっきりした理由で投資するとき、それが不動産プレーであれEPS成長プレーであれ、会社分割シナリオであれ、そのシナリオが崩れた時点で見限るべきなのだ。保有するために他の口実を探してはいけない。
少しの利益のために元も子もなくすな
「先行きに関する不安が大きい時には、まだ少ししか儲かっていないとしても、売却して利益を確保したことを後悔するな」
もし本当に心配な問題を抱えている銘柄を保有している場合には、その時点で儲かっているかどうかなどは一切無視すべきだ。

もし、じっくり長者を目指すのであれば、ダウンサイド・リスクの可能性を、アップサイドの可能性よりも何倍も重視する慎重さが必要だ。暴落するかもしれない懸念を抱えた市場環境の下で、もう少し儲けたいと頑張るのは、愚の骨頂だ。人々の相場に関するコメントが肯定から否定的トーンに変化する局面では、小さな儲け、あるいは小さな損失で手を打つべきだ。
ビッグ・ニュースで下げた銘柄は即売れ
もし繰り返しグッド・ニュースが伝えられている時に株価が上昇しない場合には、何かそれを阻んでいるマイナスの材料があるのかもしれないと考えるべきだ。他の投資家がすでに知っていることを自分は知らないか、あるいは自分の推理が間違っていると考えるべきなのだ。想定通り株価が上昇しない理由がはっきりするまで保有していようなどという考えは間違いで、直ちにその銘柄を売るべきだ。
好材料にも悪材料にも、株価がどう反応したかを注意深く考察する必要がある。もし悪材料が出ても株価が下落しない時は、底入れと考えてもいいかもしれない。しかし好材料が出たにもかかわらず株価が上昇しない時には、先ず株を売ってから理由を考えるべきだ。
アナリストが一斉に株価格付けを引き上げた時は売りだ
複数の同業他社の業績悪化は要注意だ
ライバルの1社が業績未達を発表した時は優良銘柄を持ち続けてもいいが、2社目も振るわない決算に終わった時は「即売り」だ。
業績の悪化しているライバルが、値引きを始め業界のファンダメンタルを悪化させるような行動に出ることも予想される。

ライバルの不幸に乗じて優良銘柄を割安に買い増すのは結構だ。しかしライバル2社が業績不振に陥った時には、保有銘柄も売り時だ。
上げ相場に乗れない銘柄は売りだ
S&P500平均が1%以上上がった日に、保有銘柄の株価の動きをチェックせよ。
私の運用する基金の記録を改めてレビューしてみて、気になる一つのパターンに気がついた。相場が大きく上昇した時にそれに参加できなかった銘柄群をよく見てみると、それが属するセクター内のほとんどの銘柄も上昇していない場合が多いことが分かった。それは明らかに「売り」のシグナルなのだ。大きな上げ相場に乗れないセクターや銘柄は、好き嫌いやその業績見通しとは関係なく、直ちに売るべきだ。

市場平均が1%以上上昇した日に参加できなかった銘柄群は、その次に相場が下げる日には大きく下落することが多い。

「一度、二度ならず数回にわたり平均1%以上の相場上昇に参加できなかったセクターの銘柄は売れ」
セクター全体にまたがる問題が表面化すれば売りだ
金融セクターは信用するな
もし銀行株に何か問題が起きたら、いろいろ調べたり会社の釈明を待ったりせず、直ちに手を切るべし。
銀行の場合は一つだけの問題や懸念で終わることは絶対にない。どんな問題もいろいろな関連があって、一つだけ片付けばそれで終わりとはならない。

銀行が融資基準を厳しくしたと聞いたら、「売り」だ。預金を問題のあるプロジェクトに投入したと聞いたら、「売り」だ。粉飾の疑いで司法省かFRBの査察を受けていると聞いたら、「売り」だ。財務省FRBから資本不足を指摘されていると聞いたら、やはり「売り」だ。
小売りチェーンの既存店舗売上減は「売り」
3か月連続で既存店舗売上が前年同月を下回ったチェーンの株は「即売り」だ。
前年比で売上がマイナスになるということは、それだけ在庫が増えていることを意味する。そしてマイナス幅が大きければ大きいほど、大きく値引きしなければいけなくなる。この悪循環はある時点を超えると危機的状況に陥り、簡単には立ち直れなくなるのだ。
相互に関連した銘柄への集中投資は高くつく
第8章:強い思い込みはケガのもと

投資対象銘柄にほれ込むな
会社以上に強気になるな
最高のCEOでも奇跡は起こせない
過度の猜疑心も害になる
時にはファンダメンタルが大きく改善することもある
粉飾決算は問題が解決するまで勝ち目はない